ちばレインボーバス今昔 102号車(初代)

102.JPG

98年7月に、京成バス松戸営業所白井車庫と船橋営業所船尾車庫が
子会社のちばレインボーバスへ移管された。
レインボーバス移管後の最初期のクルマのうちの1台
五香~六実線の、五香駅の発着場所を東口から
当時は踏切(現在は立体交差化)を避け、定時制を確保するために
西口に乗り場を移管するために登場した。
当時の西口の折り返し場所付近が、大型・中型車が入ることが
困難だったため、小型バスの日野リエッセが採用された。
この後、しばらくこのサイズのバスが増備される。

2015年頃に廃車になるが、熊谷市の某所に穴に突っ込む姿で
打ち捨てられているとか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント